屋久島の美しい海と川で浄化した波動の高い天然石を光と共にお届けします。
『必要な 人のところへ 必要な 天然石を 光と共に』

1896 ラリマー(14.0ミリ) 

通常価格: ¥864,000(税込)
価格: ¥432,000 (税込) 50%OFF
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら



こちらは、ラリマーの14.0ミリ玉のブレスレットです。
ライトブルーの色が濃く、透明感があります。
ライトブルーとホワイトのみで、黒や茶や緑の部分はほとんど見られません。
ラリマー特有の波のような白い模様もあります。
トップクオリティのラリマーの特徴が、すべて揃っています。
透明感が際立つ最高レベルのラリマーと言えます。

ラリマーは、ドミニカ共和国だけで産出される貴重な石です。
三ヶ所あった鉱脈の一つが枯渇しました。
そこは、トップクオリティのラリマーを産出する鉱脈でした。
それ以来、トップクオリティのラリマーが暴騰しています。
以前の何倍にもなっています。

ラリマーは鉱脈が薄く、大きな玉にできるような原石はあまり採れません。
そのため、大きければ大きいほど希少価値があります。
14.0ミリ玉というのは、ラリマーとしては大きな方です。
しかも、これだけのクオリティです。
貴重なラリマーです。

ラリマーは、世界三大ヒーリングストーンの一つです。
癒やしのエネルギーがラリマーからあふれています。
しかも、強烈ではなくて、どこまでもやさしいのです。
何もしなくても自然に心身の緊張が緩みそうです。
誰も傷つけることなく、自然に周りが癒やされます。
これぞまさに世界三大ヒーリングストーンのパワーです。

ラリマーは、今の時代の石です。
今の時代の色であり、今の時代の波動です。
やさしさに満ち、深い信頼に満たされています。
理屈抜きで無条件に癒やされます。
ラリマーは、平和と友情の象徴です。

14.0ミリ玉となっていますが、実際は14.0~14.1ミリほどです。
ほぼ同じサイズの玉が並んでいます。
これは、すごい!
こんなことは、滅多にありません。
透明感のあるライトブルーが美しいラリマーです。

最初に表側と裏側の写真が出ています。
どちらもきれいですね。
どこから見ても絵になります。
ただ見ているだけで至福です。

このレベルのラリマーは、手に入れるのが難しくなっています。
トップクオリティのラリマーは、もう新しいものは産出されません。
そのため、これから更に値上がりすると予想されます。
実物は、透明感があって清楚で美しいですよ。
透明感あふれる最高レベルのラリマーの14.0ミリ玉のブレスレットです。

内周は、168ミリほど。
リサイズは、小さくすることだけ可能です。
リサイズご希望の方は、通信欄にサイズをご記入ください。
61グラム。

1896 ラリマー(14.0ミリ) 

通常価格: ¥864,000(税込)
価格: ¥432,000 (税込) 50%OFF
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

[ラリマーについて]

ラリマーとスギライトとチャロアイトで、世界三大ヒーリングストーンとなります。
ラリマーは、1974年に発見された新しい石です。
カリブ海に浮かぶドミニカ共和国でのみ産出されます。
南国の青い海や空、白い雲のような石です。
質の良いものは採れなくなっており、良質のものは高価です。

ラリマーは、愛と平和の象徴です。
潜在意識に溜まっていた怒りを鎮め、心に平和をもたらします。
ハイアーセルフや周りの人とのコミュニケーションもサポートします。
観念の束縛から解放し、友愛精神をもたらします。
まさにアクエリアス時代の石です。

ラリマーは、水と空気の波動を持っています。
水と空気は、人体の構成要素。
それらは、常に変化しつつ成長を続けます。
執着から離れ、日々変化しながら成長するのをサポートしてくれます。
ラリマーは、アトランティスの石とも呼ばれます。
創造性を秘めた石です。

ショップについて

2019年5月1日(令和初日)より『ライトクリスタル屋久島』をスタートさせました。
世界中の最高級の水晶や貴石を屋久島の美しい海と川で浄化してお届けしています。

2003年3月より世界自然遺産の島・屋久島に住んでいます。
移住した後は、10年近く屋久島の自然ガイドをしていました。
自宅は敷地が2200坪あり、周囲に人家はなく、森に囲まれています。(ほぼサッカー場並みの広さです)
自宅の森の中には沢が流れ、苔むした岩の上を蛍が舞います。
眼下には海が一望でき、振り返れば1000m級の山がそびえています。
屋久島でも指折りの自然環境の中で水晶たちは大切にキープされています。
水晶に関する限り、たぶん日本一の品揃えでしょう。

店長の愛称は、「kimiさん」
下の「光のkimi Twitter」は、ガイド時代に書きためたスピリチュアル日記(ブログ)からの抜粋です。

ページトップへ