1259 ブラジル水晶 モリオン カテドラル(4.7キロ) 

通常価格: ¥597,000(税込)
価格: ¥417,900 (税込) 30%OFF
数量:
在庫: 1個

返品についての詳細はこちら



こちらは、ブラジル産のモリオン(黒水晶)です。
黒光りしています。
ものすごく照りの強いモリオン(黒水晶)です。
しかも、完璧な形のカテドラルクォーツです。
どこから見てもカテドラルに見えます。

高さが33センチ、重さが4.7キロもあります。
大きなモリオンカテドラルです。
残念ながら裏側は、剥離しています。
でも、そのためにDT(ダブルターミネイテッド)のように見えます。

それにしてもカッコいい水晶ですね。
カテドラルの形状には、惚れ惚れします。
このサイズですが、トップは完璧です。
カテドラル部分については、完全です。
下の方には、マイカ(雲母)が白銀色に輝いています。

すべての色を混ぜ合わせると黒になります。
黒は、最強の色です。
モリオン(黒水晶)は、極めて霊性の強い水晶です。
魔や邪悪なものさえ浄化します。
桁外れのパワーを秘めています。
最強の水晶と言えるものです。

天のエネルギーを地に降ろすカテドラルクォーツです。
大地に根を張ったモリオン(黒水晶)でもあります。
つまり、天と地を一直線で繋ぐ水晶ということです。
自宅に置けば、家を守り、天のエネルギーで満たしてくれることでしょう。

ここまで高品質のモリオンカテドラルは、滅多に出会えません。
最高に美しいですよ。
いつ見ても、何度見ても惚れ惚れします。
お薦めの一品(逸品)です。
鉄製の専用台座が付属します。
美しく強烈に黒光りしている大きなモリオンカテドラルです。

横幅128ミリ、奥行119ミリ、高さ339ミリ、重さ4.78キロ。

1259 ブラジル水晶 モリオン カテドラル(4.7キロ) 

通常価格: ¥597,000(税込)
価格: ¥417,900 (税込) 30%OFF
数量:
在庫: 1個

返品についての詳細はこちら

[モリオン(黒水晶)について]

モリオン(黒水晶)は、魔除け、邪気払い、災厄除けとして、最も強力な石です。
あらゆるマイナスエネルギーから守ってくれます。
霊的な問題やうち続く災難や災厄などには、効果があるようです。
また、エネルギー的に干渉を受けやすい方もプロテクトされます。

悪い気を取り除いてくれるので、身近にあるとお守り代わりになります。
不幸な出来事やいやな思いをする機会が減ることでしょう。
一人暮らしをしている親や子、あるいは気になる人へのお守り代わりとしても役に立ちます。
家族を守りたい人は、一家に一個モリオン(黒水晶)があると心強い限りです。

周りからの干渉をはね除ける力があるので、内面に集中するのにも役に立ちます。
結果的に深く瞑想でき、自分自身の真実に触れる機会が増えそうです。
その絶大な集中力は、試験や試合、商談などの集中力を必要とする場でも役に立ちます。

強力な浄化作用があり、不幸を寄せ付けないパワーを秘めています。
鬱気味の人や精神が不安定の人も状態が改善されるようです。
自分の代わりにモリオン(黒水晶)が相手を守ってくれますので、プレゼントとしても最適です。

モリオン(黒水晶)は、魔除けや邪気払いに最も効果的な石ですが・・・
その魔や邪の本質は、人のネガティブな思いや感情です。
それらが積もり積もって固まると、魔や邪となります。
最も大切なことは、そのような否定的な想念や感情を出さないことです。
それらを溜め込むことが、身の不幸に繋がります。
明るく健全に常に前向きに生きることですね。
それがあらゆるものに優る王道です。

但し、人は完璧ではありませんので、時たま隙が生じます。
そういう際に「魔が差す」という現象が起きがちです。
そういう時に身を守ってくれるのがモリオン(黒水晶)です。
最高の守り石です。

ショップについて

2019年5月1日(令和初日)より『ライトクリスタル屋久島』をスタートさせました。
世界中の最高級の水晶や貴石を屋久島の美しい海と川で浄化してお届けしています。

2003年3月より世界自然遺産の島・屋久島に住んでいます。
移住した後は、10年近く屋久島の自然ガイドをしていました。
自宅は敷地が2200坪あり、周囲に人家はなく、森に囲まれています。(ほぼサッカー場並みの広さです)
自宅の森の中には沢が流れ、苔むした岩の上を蛍が舞います。
眼下には海が一望でき、振り返れば1000m級の山がそびえています。
屋久島でも指折りの自然環境の中で水晶たちは大切にキープされています。
水晶に関する限り、たぶん日本一の品揃えでしょう。

店長の愛称は、「kimiさん」
下の「光のkimi Twitter」は、ガイド時代に書きためたスピリチュアル日記(ブログ)からの抜粋です。

ページトップへ