1257 ブラックスターラブラドライト(11.2ミリ) 

価格: ¥60,500 (税込)
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら



こちらは、ブラックスターラブラドライトの11.2ミリ玉のブレスレットです。
ブラックの上に濃いブルーのラブラドレッセンス(遊色効果)が浮き出ます。
ものすごく鮮烈です。
濃淡の差はありますが、すべての玉にレッセンスが見られます。
高品質のブラックスターラブラドライトです。
ブラックスターラブラドライトは、それほど流通していません。
サイズもラブラドライトとしては、大きめです。

11.2ミリ玉となっていますが、実際は11.1~11.3ミリほどです。
ほぼ似たようなサイズの玉が並んでいます。
強烈でパワフルです。
存在感のあるラブラドライトです。
パワフルで鮮烈なブラックスターラブラドライトの11.2ミリ玉のブレスレットです。

内周は、167ミリほど。
リサイズは、小さくすることだけ可能です。
リサイズご希望の方は、通信欄にサイズをご記入ください。
36グラム。

1257 ブラックスターラブラドライト(11.2ミリ) 

価格: ¥60,500 (税込)
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

[ラブラドライトについて]

ラブラドライトは、長石グループの斜長石のなかの曹灰(そうかい)長石と呼ばれるものです。
1770年に宣教師によって発見されました。
発見されたのは、カナダのラブラドール半島。
それにちなんで、この名前がつきました。

何と言ってもラブラドライトの特徴は、その妖しい光です。
これは、ラブラドレッセンス(遊色効果)と呼ばれます。
この光は、曹長石と灰長石が薄い層状に重なっていることにより起きる光の干渉と内包物による光の相乗効果のようです。

その神秘的な輝きは、銀河系から宿ったものと言われます。
そのため、宇宙の叡智を秘めています。
宇宙的なインスピレーションを啓示し、真理や魂の追究に向かわせます。
高次の自分とつながり、霊性と現実との調和に導きます。

ラブラドレッセンスは、多様性や自由を象徴します。
既成概念から解放し、意識の変革をもたらします。
新しい世界や新しい自分へのチャレンジをサポートします。
内なる才能を目覚めさせ、挑戦する勇気や実行力をもたらします。

また、太陽と月の象徴とも言われます。
太陽と月の陰陽の波動を同時に持っています。
太陽の活力と月の静かさ。
太陽の創造力と月の直感力。

オーラを保護し、オーラのバランスを整える効果もあります。
足りない色を補強してくれますので、セルフヒーリングに役立ちます。
外部の望ましくないものから守り、内側からのエネルギー漏れを防ぎます。
エネルギーが滞っている場合は、循環させます。

予知や透視、テレパシーや霊感などを高めます。
隠れた才能に光を当て、潜在意識を活性化させます。
根気強さを育み、波立った感情を沈めてくれます。
失恋や落ち込みから前向きな気持ちを取り戻してくれます。

再会の石とも呼ばれます。
過去世で縁の深い人と出会わせます。
運命の人や懐かしい友人との出会いや再会をもたらします。
自分に合う仕事や人脈を引き寄せる力があるので、転職や就職にも役に立ちます。

非常にエネルギーの強い石です。
ネガティブなエネルギーを吸収して、封じ込めます。
地縛霊や憑依霊などの除霊や魔除けに有効です。
厄払いや悪魔払い、呪いを解くのにも力を発揮します。

マイナス感情を持ちやすい人にも役に立ちます。
他人の悪意や自分の邪念から守ってくれます。
エネルギーを循環させるので、抑圧された怒りや悲しみなどのネガティブエネルギーを除去してくれます。
腐れ縁を切ったり、ストーカーを排除するのにも有益です。

浄化は、日光浴や月光浴よりも満天の星空浴の方が相性がよいようです。
ネガティブエネルギーを吸い込みやすいので、こまめな浄化がお薦めです。

ショップについて

2019年5月1日(令和初日)より『ライトクリスタル屋久島』をスタートさせました。
世界中の最高級の水晶や貴石を屋久島の美しい海と川で浄化してお届けしています。

2003年3月より世界自然遺産の島・屋久島に住んでいます。
移住した後は、10年近く屋久島の自然ガイドをしていました。
自宅は敷地が2200坪あり、周囲に人家はなく、森に囲まれています。(ほぼサッカー場並みの広さです)
自宅の森の中には沢が流れ、苔むした岩の上を蛍が舞います。
眼下には海が一望でき、振り返れば1000m級の山がそびえています。
屋久島でも指折りの自然環境の中で水晶たちは大切にキープされています。
水晶に関する限り、たぶん日本一の品揃えでしょう。

店長の愛称は、「kimiさん」
下の「光のkimi Twitter」は、ガイド時代に書きためたスピリチュアル日記(ブログ)からの抜粋です。

ページトップへ